So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログエッセイ ブログトップ

『口蹄疫』問題。ニュースでは伝えきられていない実情。 [ブログエッセイ]

今までこのブログで何度か書いてきたと思いますが、
今、はまりまくっている某巨大SNSの「ブラウザ三国志というネットゲーム

去年の11月ごろから始めて とうとう2ゲーム目に突入。
ゲーム中では盟主という立場で 仲間の問題を処理したり外交したりと大忙し・・・・
1ゲーム目からの仲間も多数 2ゲーム目に参加してくれて 今では、
1ゲーム目よりも仲間が増えている状態(笑



読者の皆様は、ここのところ連日ニュースなどで報道されている 宮崎県の『口蹄疫』のお話しはご存じかと思います。
実はそのネットゲームの仲間のお一人がその宮崎県在住で 大変ご苦労をなさっておいでです。

その話を聞き遠い地での出来事でもあり、俺には力になれることなど無いと諦めかけておりましたが もしや、ニュースでは伝えきられていない実情を誰かに伝えるだけでも 微力ながら力になれるのではと思い、 彼女に提案させていただくと、 「是非、お願いします」とのこと。

彼女からのメールを転載しますので、
これを読んでくださった読者の方が多くの知人の方に話していただき、
報道されている地域以外でも大変なことが起こっていること
風評に惑わされないことなど1人でも多くの方に伝えていただければと思います。


↓彼女からのメールの内容
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

突然ですが、この場をお借りして発言させてください。
一人でも多くの人に知ってもらいたいんです。

私、ラスク・クラウンは九州の宮崎に在住しています。
『口蹄疫』で揺れている宮崎です。

私の住んでいるところはまだ感染していませんが、
それでもみんな毎日水際対策で走り回っています。
私も及ばずながら皆さんのお手伝いをさせていただいています。

今週になってやっと連日ニュース等で報道されるようになりましたが、
報道されているような感染防止策がもう一ヶ月続いています。
感染していない地域でも疲労が溜まってきています。
感染地域の事を考えると、「…このくらいなんだっ!!」と鼓舞してみんな動き回っています。
もちろんこれ以上感染領域を広げない為です。
宮崎県から絶対『口蹄疫』を出さないという思いで動き回っています。

私たちも皆さん同様、テレビ等でしか状況・情報の確認は出来ません。
不用意に感染地域に足を運んで、
万が一、自分の住んでる地域にウィルスを持ち込んでは、それはもう取り返しのつかない状況になってしまうからです。
感染地域ではもっと凄まじい事態になっています。

『口蹄疫』を発症した1市4町の心労を考えると…本当にたまりません。
畜産農家の皆さんはもう限界を超えています。
毎日毎日、大切に大切に育てた家畜を「処分」…
いえ、殺していかなくてはいけないのです。
「かわいそう」なんていう生易しいものではありません。
悲惨すぎる現状です。
その家畜を「処分」しなくてはならない獣医師の方々もです。
( 家畜を処分できるのは獣医師だけです。家畜主は手出しは出来ません )
そして死んでしまった家畜たちを埋葬しなくてはいけない職員もまたしかりです。

皆さん、お願いです。
どうか冷静な対応をお願いします。
これだけは覚えていてください。

『口蹄疫』が人に感染することはありません。
『口蹄疫』に感染した肉が市場に出回る事もありません。
仮に『口蹄疫』に感染した肉を食べても、人体に影響はありません。

感染地域半径10Km以内の全頭処分が政府によって決まりました。
私は農畜産家ではないので、この事が良いのか悪いのか、判断が出来ません。
けれど、これ以上の感染の拡大にならないよう祈るのみです。
又、1市4町の一日も早い現状回復と今、現場で頑張っている方々の一日でも早い、
心安らかな時が来るよう、 私も出来うる限りの助力を惜しまないつもりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※彼女からのメール本文を見やすいように改行したり強調した以外は改ざんして
おりません。本文中の「ラスク・クラウン」と言う名は彼女のゲームないでのキャラ名です。


今日のブログをお読みのブロガーで、
彼女の思いを伝えれていただける方がいらっしゃいましたら、
このページをリンクしていただいければと思います。



にほんブログ村 自転車ブログへ←押してやってください

banner_04.gif
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

自転車って右だっけ? [ブログエッセイ]

この間、知り合いと話をしていると車道での自転車の話しに・・・
知:「それにしても、自転車の逆走は鬱陶しいわ」
ゆ:「あぁ、そやなぁ。あれはあかんな。」
知:「車、運転してるとヒヤヒヤやで・・・」
ゆ:「そやなぁ、自転車同士でも怖いときあるわ」
知:「なぁ、そやろ?対向車とか来てたら追い抜くに追い抜けんし・・・」
ゆ:「?????追い抜く?
知:「あぁ、そやで、自転車の方が遅いから、追い抜くやろ?」

上の会話、なんかおかしいの気付きはりましたか?
ちなみに、この知人は自動車の免許も持ってるし原チャリにも乗ってます。
交通ルールは教習所であったり、教則本で知ってるはずなんですが・・・・

ゆ:「それは、逆走とちゃうでぇ」
知:「えっ?なんでや!!自転車は右やろ?」
ゆ:「ちゃうちゃう、自転車は軽車両やから左でええねん」
知:「うそやろ?」
ゆ:「うそちゃうでぇ(笑)」

とゆうてみたものの、なかなか信用してくれへん(汗;)
たぶん彼の中では「自転車=人」「人は右」
だから、自転車は右って思いこんでいたようです。

免許を持っている彼のような人間でもこんな風に勝手に思いこんじゃってるんじゃぁ、
まともな交通教育を受けていない、おばちゃんや中学生、高校生が堂々と右側通行しているのも、なんか・・・納得してしまいましたわ。

んでも、ときおり逆走してくるおばちゃんや女子高生にすれ違いざまに悪態つかれたりなんかすると、日頃大人しい俺でも少々むかつきます。
で、そうゆう時はいつも振り返って叫ぼうとするけど間に合いません。
てことで、本日、一言ゆわせてもらいます。
「おまえらが間違ってんねんっ!!自転車は左を走れっ!!!!!〜」
「このっ





○※△”#〜!◎◇X@!!!!!め〜!!!」


あっ、つい・・・
取り乱してしまいました。。。。。



にほんブログ村 自転車ブログへ←押してやってください

banner_04.gif

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

自転車乗りの挨拶って [ブログエッセイ]

サイクリングロードを走っていると沢山の自転車乗りに会う。
山登りでもそうだが同じ趣味の人間同士が出会ったら挨拶ってするもの?
俺は挨拶するものだと思っているから、ハイカーがハイキングコースで挨拶するように
サイクリングロードでサイクリストに会うたびに「ちわ〜」と挨拶をするのだが・・・

オートバイに乗っていた頃、ツーリングへ行きバイク乗りに会うと挨拶代わりにピー
スサインをするのが習慣になっていた。
俺はピースではなく、左手の人差し指と中指をくっつけて軽く振る感じで応えていた。
(ちょうど、”修二と彰”の「青春アミーゴ」のサビの部分の♪SI〜♪ってときのやつね)
たまに夏休みなんかになると、自転車にいっぱい荷物を載せて走っているサイクリスト
にサインを送ると喜んで返してきてくれたっけ。

で、今自転車に乗ってサイクリングロードなんかを走っても同じように挨拶をする。
さすがに危ないので毎回左手でサインを送ったりせず、冒頭のように「ちわ〜」と挨拶
をする。心拍があがり気味で声が出せそうにない時は最低でも心で「ちわ〜」といい
ながら一礼をするようにしている。自転車道以外の車道などで会うときも一礼はする
ようにしている。

で、その挨拶をする相手なんだが、当然レーパンジャージのローディーには挨拶する。
クロスバイクやMTBでもレーパンジャージ、もしくはMETをかぶっていたら挨拶する
ようにしている。そうゆう風にサイクリスト然としてる人には基本挨拶してます。
例外で、たまに居てるママちゃりに乗った家族で「♪ラララ〜♪サイクリング中〜」っぽ
い人達にも気が向いたら挨拶したりしてます。
一緒に走ってる子供から「こんにちは〜」って返されるとそれだけで何か幸せな気分。
そんな感じやから天気のいい日曜日なんかサイクリングに出かけて自転車道なんか走
ろうもんなら、挨拶しまくり状態。
で、それ以外の人にはむやみやたらと挨拶はしないようにしているんだが、たまに、む っちゃ街乗りです〜てな格好でクロスに乗ってて挨拶される事がある。
そんな自転車乗りが走ってきても挨拶しなくていいやろって思ってるから慌てて挨拶を
返す。なんて事もあるけど。(笑)

その挨拶だけど、どんなタイミングでするかとゆうと、すれ違うときは当然だけど追い抜 く時なんかもするようにしている。
追い抜く相手が下ハンもって余裕がないようなときは突然追い抜きざまに「ちわ〜」な
んてゆうとびっくりされるので後方から一言「横抜きます〜」とゆってから追い抜きざ
まに挨拶をするようにしている。

そうやって、こちらから挨拶しても挨拶が返ってくるかとゆうと・・・・
俺の感じでは、10人に挨拶したら4人かな。
オートバイに乗ってたときは100%やったんやけどね。
最初の頃は「挨拶ぐらいせいよ」なんて思ったりしてたけど、最近は挨拶返されなくっ
ても気にしなくなった。

どんな自転車乗りが挨拶を返してこないかとゆうと、ただいま修行中!です的なロード
の自転車乗り集団。と、ソロで走っている自転車乗り。
驚く事にクロス乗りとMTB乗りはけっこう挨拶返してくれます。

修行軍団はこちらを見ようともしません。
ソロで修行モードの自転車乗りも一緒です。
思うに、ロード乗りはストイックな人間が多いのではないかと。
大体がロードバイクなんてものはストイックな乗り物であって、
ファンな乗り物でない。
そういったストイックな自転車乗りはサイクリングロードであっても己の精神をとぎす
まし、雑念を払い一心不乱に修行モードでベダルを回しているんであろう。
だから、サイクリングモードで挨拶する奴なんかの相手が出来ないのであろう。
挨拶なんて煩わしい事に精神を使う事を良しとしないのである。

次にソロローディーだけど、恥ずかしがり屋の方が多いんではないかと。
ソロでのんびりサイクリングモードで走っているふうなのにこちらと目も合わそうとしません。
当然、挨拶なんてしてくれません。
こちらから「ちわ〜」と挨拶しても見て見ぬふりします。
上記の修行軍団よりちょっとむっ!としてしまいますね。
たぶん、人とコミュニケーションをとったりとかもすんごく苦手なんでしょう。
自転車趣味も一歩間違えれば無茶苦茶オタク的要素の多いものですから、そういった風
な自転車乗りもいるんでしょう。

そうやって、考えると挨拶を返されなくっても気にしなくなりました。

今、自転車ブーム。らしい・・・
初めてスポーツバイクを乗る人が増えているようです。
そういった人達の方が挨拶するような気がします。
修行も一人っきりもいいけど、みんなのサイクリングロード明るく挨拶して、楽しく
走ってみれば?なんて、勝手に思ってしまいますが。
荒川CRや多摩川CRはサイクリストが多すぎて挨拶するのも大変やけどね(汗)

明るく挨拶できて楽しく自転車に乗れればと思ってます。
なんや、そうゆう風に楽しんでいれば自転車を通じて楽しい出会いとかいっぱいあり
そうじゃないですか?

淀川の自転車道なんかで「ちわ〜」ってゆってる赤い自転車野郎がいたら、
それ、俺かも?


にほんブログ村 自転車ブログへ←押してやってください
banner_04.gif
nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロングライドって [ブログエッセイ]

ロングライド・・・・
ブログでいつもロングライドロングライドってゆうてるけど・・・
いったいどこからがロングライド?

自転車復活して乗りだした頃は100㎞からがロングライドやと思っていた。
事実、雑誌なんかでロングライド特集なんてことをやると、
かならず、いかに100㎞を走るか!なんて記事があるし・・・
しかし、こうやって自転車ばかり乗っていて100㎞越えて走ることが普通になってく
ると「100㎞ってロングなのか?」自分の中でわからんようになってきた。
何やいつのまにか100㎞なんてすぐ走りきってしまうし、しんどいとも思わんし。
ほな、何㎞からロングライドやねんやろ?と・・・

今回akamyさんのお仕事の手伝いをして、沢山の自転車乗りの方達に会った。
色々話聞くと、色々と活動的で凄い人たちであった。
その方たちにロングライドってどれぐらいからですか?と質問してみると
100㎞から
160㎞から
200㎞から
とゆう答えが返ってきた。
100㎞160㎞は俺もなるほどと思ったけど、200㎞は・・・・

そんな凄い人たちでない人達はどうなのかと、色々と自転車ブログ等を覗いてみると
「今日はロングライドで50㎞走りました〜」とか
「80㎞のロングへ行ってきました〜」などと書いている自転車乗りもいる。

去年やったらこんな記事を読むと「50㎞でロング?何ゆうてんねん」とあきれたもん
やけど、最近ちょっと違う考え方になってきた。と、ゆうか思い出した事が・・・・

きっかけは、この間まっちゃんとロングライドについて話した時・・・・・
話の結論をゆうと、1日楽しく有意義に自転車に乗ってそれがその人のロングライドだ
としたらそれはそれでいいんじゃないだろうかと・・・
その楽しく乗った結果が50㎞であれ、80㎞であれ、200㎞であったとしても。

そんな話をしてて思い出した事・・・・
高校の時に友人達と往復300㎞越えのツーリングをくそ重いキャンピングカー仕様
(今でゆうランドナー?)で走ったときは全然距離の事なんか考えてなかった。
↑ってゆうか、距離はかるもんなんか、なかったし。
朝から出て自宅に帰ったのは夜中近かった。
親たちが心配して警察に捜索願いを出す一歩手前で帰って事なきを得た。
仲間とず〜と一緒にその300㎞を走って時間なんか忘れてたような気がする。
夜の田舎道満天の星空を沢山の流れ星が落ちていくのが印象的やった。
当然その時は300㎞てゆう距離が大事やったんやのうて、仲間と過ごした時間の方が大事やったような気がする。
結果300㎞越えのロングライドやったわけやけど、今思えばそれが50㎞でもその時の俺にしてはロングやったはず・・・・・・。

最近ついつい、自分の中で楽しく乗るって事を忘れかけていて、距離ばかり気にしているような気がする。
これは、後々記事にするであろう速度に関してもそうなんだけど・・・

距離的ロングライド(ロングディスタンスライド)があかんとゆうわけではないが、
(やっぱ、こんだけ走ったんやぁぁ!ってゆう達成感も必要やと思うし)そうでなく、
もっと時間的(精神的?)ロングライド(ロングタイムディスタンス)でもええんちゃうやろうかと・・・・

で、結局何が言いたいのかとゆうと・・・・
50㎞でも80㎞でも100㎞でも160㎞でも200㎞でも「ロング走ったぁぁ〜」と満足できればそれがその人のその時のロング(ディスタンスorタイム)ライドって事なんやと・・・

でも、そんな事を思いながらも記録魔の俺は走行距離は結構大事やったりする。(笑)
↑なんせそれが、俺のモチベーションの源やからね。
てことで、いつものツーリング記事やポタリング記事の距離集計はやめません。(笑)
↑ゆってる事と違うって?まぁまぁ・・・・
気構えとしてそうゆう気持ちもあるんだよ〜って事です。

で、自分の中で今現在の定義として「ロングライド」とは1日楽しく走れる距離。
体力、スキル、機材が変わっていけば距離も変わってくると思うけど、
そう考えると今のところは120㎞からかな・・・・


にほんブログ村 自転車ブログへ←押してやってください
banner_04.gif
nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【ブログエッセイ】について [ブログエッセイ]

ブログ開設1年を記念して、新しいカテゴリーを作ったが、
カテゴリーのタイトル「これやっ!」てゆうのが思いつかない。

どんな内容にしようと思っているかとゆうと・・・・・
今まではあんまり自分の感想とか考えを文章にして無いねんけど、
そういった内容を書こうかと。
そう考えると【エッセイ】が妥当やと思うけど、
【エッセイ】って何か俺に似合わないような気がするし・・・・
で、【コラム】でいこうと思ったけどこれもイマイチ堅そうな感じ・・・
で、色々悩んだ結果【ブログエッセイ】

【エッセイ】とどうちがうねん。
って感じやけど前に【ブログ】って付けただけで何やええ感じな気がする。
てことで、この新カテゴリーは【ブログエッセイ】てことで、
色々と書きつづっていきたいと思います。
ちなみに、似た感じで【雑記】があるけど、そっちは日々あった事を書き散らかしてる
のでそれはそれで続けていきます。

まっ、それと、自分の考えもまだまだ色々日々変わったりするので自分に対する
「思考的備忘録」的な要素もあります。
必然的に自転車に関するネタが多くなると思いますが、
基本的に文章オンリーの内容になるんで続くのかどうか?・・・・
てゆうか、その前に自分の考えなぞうまい事文章にまとめられるのか?
などと、一抹の不安がありますが、まっ、プロや無いんでそこはご容赦頂くとゆうことで・・(笑)

そゆことで、いつもと違った記事になるような予感が・・。←たぶん・・・
てことで、乞うご期待。でっ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ←押してやってください
banner_04.gif

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ブログエッセイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。